毛周期とは・・・

毛周期って???

 

人の毛には周期があり、毛周期と呼ばれています。

成長期 -> 退行期 -> 休止期

成長期とは、毛が伸びている期間。成長期が長ければそれだけ毛が長く伸びることになります。
退行期とは、生え伸びてきたきた毛がその成長期を終え、毛が抜け落ちるまでの期間になります。
そして休止期。この期間は抜け落ちてしまった毛が次の成長を始めるまでの期間です。

大きく、毛周期はこのような3つの期間からなっていますが、周期全体の期間、あるいは各期間をみても人によってその期間の長さが違ってくると言われています。

また、同じような長さの成長期であっても、毛の伸びのスピードは人によって違ってくるそうです。たくさん毛が生えて来る人、逆にそうでない人など。

また、全体の周期や各サイクルの期間は、部位によっても違ってくるようですね。
髪の毛が一番伸びやすく、平均すると1日で0.3mmも伸びると言われていますし、その次に伸びやすいのがワキの毛だとか。

また、毛の生まれ変わりですが、ワキの毛の場合平均4ヶ月。髪毛と比べると倍ぐらいかかってしまうと言われていますので、部位によって全然違ってくるようですね。

ちなみに脱毛を行うタイミングは、この毛周期に合わせて行う必要があります。休止期には毛根がありませんので、そもそも脱毛効果のない周期。この時期を避けた周期で脱毛を行う必要があるので、同じ部位でも一回の脱毛施術で脱毛が終了しなのはこのためです。

また、表に出ている毛(目に見える毛)というものは、全体の1/3とも言われています。残りの2/3は、肌の中でスタンバイ状態ということですね。

家庭用脱毛器で脱毛

家庭用脱毛器で脱毛・・・

 

最近、家庭用の脱毛器が爆発的に売れているようですね。
例えば家庭用脱毛器で一番人気の「ケノン」の場合、昨年の暮れには売り切れのネットショップもあったとか。とにかく売れているようです。

脱毛となると、自宅で自分で脱毛処理を行うか、脱毛サロン等へ通うかのどちらかになってしまいますが、仕事が忙しくてサロンへ通う時間がないとか、そもそもサロンへ出かける事自体面倒と感じる方も多いはず。そのような方にオススメなのが家庭用脱毛器で、上記のとおり実際使用されている方も多いようですね。

しかも最近の脱毛器は性能も向上し、大体の部位の脱毛が可能になってきています。
ワキ、腕、脚、おへそ周り。
しかしちょっと本当にできるのかどうか疑わしいのが、顔とVIOライン。
水着などを着用した時に、正面からみて目立たないように脱毛するラインがVラインと呼ばれていますが、ここまでは、直接自分の目で確認しながら脱毛器を使用して脱毛できるのでOKでしょう。
しかし問題は、IラインとOライン。もはや自分の目で直接確認しながら脱毛することは不可能ですし、またこの部位は皮膚が薄いことに加えて、非常にデリケート。そのため、自己処理をしてしまったがためにお肌のトラブルを招いてしまったり、失敗するケースも多いようです。
従って、脱毛器メーカーの見解は、「推奨しません」。

ですから、このVIOラインの脱毛は、脱毛サロンや脱毛クリニックへ行ってプロの方のお世話になるのが安全です。

顔脱毛に関しては、鼻下のヒゲに関しては家庭用脱毛器を使用しても問題ないようですが、鼻から上の部分となると、家庭用脱毛器を使用した脱毛は避けたほうが無難でしょう。

最近の脱毛器はフラッシュ脱毛方式を採用しているものが多く、誤って目に照射してしまうと、目のトラブルを招きかねません。しかも顔の肌も薄くてデリケートなので、光の照射量を間違えてしまうと、やけどをしたりお肌のトラブルを招くこともあるので、専門家に任せたほうが良いでしょう。

家庭用脱毛器もかなり普及してきていますが、IラインやOライン、鼻から上の顔の脱毛に関しては、安全性を考えて、脱毛サロンや脱毛クリニックのお世話になった方が無難です。

脱毛サロンの勧誘

脱毛サロンの勧誘ってどうなの?

 

脱毛サロンだけでなく、エステサロンに通って高額のコースを契約させられたとか、高額の化粧品を買わされたといった、落とし穴にはまってしまった方も多いのではないでしょうか。

まずよく見られるのが、無料体験コースや格安プランのキャンペーン。
このような最初だけ安い料金を前面に出したイベントを前面に出して客寄せを行って、その後、料金の高いプランや追加料金の発生するコースを勧誘してくるというものです。

一時期このような強引な勧誘が脱毛サロンやエステサロンで繰り広げられ、摘発されたところありますし、サロンへ行きたいがそのような勧誘は避けたいということで、結構多くの方が敬遠されていました。

最近の大手の脱毛サロンでは、そのような勧誘は行っていないようです。
ホームページにも勧誘ゼロ宣言を打ち出しているサロンもありますし、有名どころの脱毛サロンへ通ったことのある人の話を聞いても、強引な勧誘はなかったという話も聞いています。

ただ、紹介と勧誘の境目がわかりにくいために、単なる紹介を勧誘と受け止めてしまう方も多いですね。

脱毛サロンからすれば、やはりある程度の営業を行うのは当たり前。単なるコースの紹介で、お客の反応を見て興味が無いようであればそれ以上の紹介はしないようですが、人によってはこれを勧誘と受け取ってしまう方もいるようです。全身脱毛の新脱毛サロン、キレイモ

大切なことは、自分の受けたい脱毛コースを決めて置くこと。
カウンセリング等でコースと料金の確認をしっかりと行い、追加料金が発生するような場合は確認を行って、不要と判断した場合はきっぱりとお断りをしましょう。
興味もないのに高額の契約を結ばないようにするためには、きっぱりと断る勇気を持つことが大切です。

また、万が一のために、サロン側には自分では自由に使えるお金はないと思わせることも大切。
「今は仕事はしていない」とか「お金の出処は主人から」といった回答を用意しておき、不要な契約はしなように心がけておきましょう。

VIO脱毛について

vio脱毛って???

 

脱毛部位の中で、今、意外と人気があるのがVIOラインの脱毛。
Vライン、Iライン、Oラインと言っていますが、
Vライン:ビキニラインのことで、ビキニやショーツを着た時にV字に沿った陰毛です。
Iライン:両足と性器の間の陰毛のこと。
Oライン:肛門周りのムダ毛のこと。

このVIOラインは、ビキニを着た時にはみ出していたらとっても恥ずかしいといった理由で脱毛をされる方も多いようですが、実はこの部分の脱毛をしっかりと行うことで、陰部を清潔に保つこともできるのです。

日本の夏と言ったら、暑いことに加えて湿気も相当なもの。ちょっと歩いただけでも汗だくだくになってしまいます。しかも股間のショーツに覆われた陰部周りは、もちろんムレムレ状態。そのまま放ってくと不衛生なことに加え臭いまでも・・・

また、生理の時になると同じように衛生状態が気になります。特に毛深い人にとってはなおさらのこと。
従って、このVIOラインの脱毛をしっかりと行うことで、「生理の時に楽」だとか、「蒸れてしまう夏の季節でも安心」といった安心感が格段に違ってくるようです。

ではどうやって脱毛するか。
まず、自己処理は不可能でしょう。Vラインはまだしも、IラインやOラインとなると、直接自分の目で確かめるのは不可能。鏡を見ながらという方法もありますが、デリケートな部分であるために、失敗すると大変なことになってしまいます。
また、家庭用脱毛器を販売している会社でも、I・Oラインの脱毛に関しては、推奨していないようですね。

となると、脱毛サロンへ行くか脱毛クリニックへ行って、専門家のお世話になるしかありません。
また、このVIOラインのムダ毛は他の部位の毛に比べて太くで濃いということもあり、通常の回数よりも多めに施術を受ける必要がありそうです。特に剛毛の方や毛の濃い方は、ある程度の回数の施術を受ける必要があります。

施術にやり方ですが、サロンやクリニックによっても違ってくるようですが、Iラインの場合は、ベッドの上で仰向けになり、両膝を立ててそのまま外側に倒すという体勢。

最初は多くの方が戸惑いを見せるようですが、回数を重ねるごとに慣れてきて全然平気になってくるようです。

スタッフの方も慣れたもので、当たり前の事ですので、気にする必要はないようです。
恥ずかしいのは最初だけ。2回目以降は平気になっちゃうそうです。

施術後のアフターケアについて

施術後のアフターケアについて

 

脱毛サロン等で脱毛の施術を受けたあとは、その後のアフターケアが重要です。
施術を受けたあとのお肌の状態は、通常よりもデリケートな状態になっています。

まず、激しい運動は避けるようにしましょう。また、その日の入浴は避けシャワー程度にしておきましょう。

そして一番気を使いたいのが「保湿」。

施術のお肌の水分は、通常よりもかなり抜けている状態になるそうですので、保湿して脱毛したお肌の部位を守ってあげるようにしましょう。またこの保湿は脱毛の効果も高めると言われていますし、次回の脱毛施術を行う際にも痛みが和らいだりするようです。乾燥している肌の状態で脱毛を行うと、はやり痛みが伴う場合もあるようですので、是非、「保湿」には気を配りたいですね。

また、脱毛後はお肌が熱を持っているため、冷やしたり保湿用の化粧品でケアをしてあげるようにしましょう。

直射日光に当てるのもよくありません。脱毛後に日焼けしてしまうと、炎症を起こしてしまったり色素沈着になる場合もあるようですので、十分な注意が必要です。
外出の際には、直接日光が脱毛した部位に当たらないように、その部位の露出を避け、UVケアも心がけましょう。日焼け止めも忘れないように塗って、とにかく日焼けしないように注意しましょう。

いずれにしても、施術終了後に脱毛サロンのエステティシャンから脱毛後のケアについてのお話があると思います。せっかく脱毛して後々にはツルスベお肌を目指すわけですから、その注意事項をしっかりと守ってケアに注意を払いましょう。

脱毛サロンの予約は早めに!

脱毛サロンの予約は、お早めに!

 

ここ数年、脱毛サロンを利用する人が一気に増えてきました。
店舗は増えてきて選択の幅は増えてきたことや、脱毛サロンで色々なキャンペーンを行っているので、価格も手の届くところまで安くなってきているからでしょう。

特に繁忙期と言われる5月から7月はとても混むようです。脱毛サロンによっては、予約が中々取れないところもあるようですので、早めの予約が鉄則です。

初めて脱毛サロンへ行かれる方にとっては、予約方法や施術の流れはとても気になるところ。
大手の脱毛サロンですと、ホームページに予約から施術までの流れについての案内がありますので、よく読んでおかれると良いと思います。

いずれにしても、予約しないと始まらないので、自分の希望するサロンを選び、まず、予約を入れましょう。
脱毛サロンにもよりますが、予約をいれたその日に脱毛を行うところもあれば、その当日はカウンセリングのみで、後日改めて施術をおこなうというところもありますので、事前に確認しておきましょう。

また、サロンによっては、脱毛する部位のムダ毛をあらかじめ剃っておく必要のあるところもありますので、この点も事前に確認しておきましょう。

施術は、脱毛する部位にもよりますが、両ワキ脱毛の場合は、10分もかからず簡単に終了してしまいます。
施術が終わったら、次回の予約を入れることになりますが、大体が毛周期に合わせて2ヶ月後位を目標に予約を入れるようです。
あるいは、後日電話予約というのも可能なようですが、上述のように繁忙期の予約はなかなか取れませんので、早め早めの予約をおすすめします。

脱毛は、一回の施術で終わりではありません。大体が毛周期に合わせて2ヶ月おきに6回程度の施術を行うのが普通で、毛の濃さや個人差で回数は異なってきます。
つまり、5月から7月の繁忙期に脱毛サロンに行き始めても、夏場のツルスベお肌を期待するのは無理ではないでしょうか。
つまり計画的な脱毛プランを考えて、翌年の夏のツルスベお肌を目指すのであれば、前年の秋から冬にかけて脱毛サロンに通い始めると良いのではないでしょうか。しかもこの時期は閑散期とも言われており、予約も取りやすいはずです。

ベジーデル酵素液のダイレクトメール

約3週間前に購入したベジーデル酵素液。

最近、酵素のパワー(洗剤ではありません)が注目され、その酵素を含む酵素飲料が大人気です。

そしてその酵素飲料の中でも大変人気なのが、ベジーデル酵素液。一日あたり616本も売れていると言うから、びっくり。宮崎県の都城にある会社がネット経由で販売しています。

ちょっと気になったこのベジーデル酵素液。今迄酵素液と言う物を飲んだことが無かったし、ベジーデル酵素液の「飲みやすさ」に対する評価もそれ程良くなかったので、実際どんなものか試してみようと思って購入したのが、そもそもの始まりです。

ベジーデル酵素液の良さは、何となく分かっていたので、そこそこは売れるだろうとは思っていましたが、1日600本以上となると、なんで?どうして?となっちゃいます。有名な会社が作って販売しているわけでもないし。なんで・・・・

購入してからそのりゆうが分かったような気がします。

ベジーデル酵素液を販売したとのサポートというかフォローが良いですね。

今のとこと、毎週ダイレクトメールが届いています。要はリピートにつなげたくて、購入を推奨する良くある手法なのでしょうが、「ダイエット」をテーマにそのDMが良く作られています。

ある方の「ダイエット奮闘記」みたいな体験談をふんだんに写真を使いながら、ダイエットグラフを示しながら上手くまとめられています。

強引な売り込みはではありませんから、このDMをもらって全く迷惑にはありません。

ベジーデル酵素液でこんなに痩せられるんだ、こうやってダイエットに挑戦するんだ、と大変参考になります。

痩せたくて、24時間断食に挑戦してみたものの、私には無理だった。でも痩せたい。だったら別のダイエット方法。そうだ、ベジーデル酵素液で一日置き換えをやりながら、ダエイットに挑戦してみよう。これだったら、無理なく挑戦できる」ということで、ダイエット日記みたいな感じでダイレクトメールが作られています。

ここまで丁寧に、詳しく説明されると、思わず納得してしまいます。

こういう販売後のサポートがあると、製品もうれますよね。