脱毛と痛み

脱毛と痛み

 

一昔前の脱毛法に、ニードル脱毛という方法がありました。これは、毛穴に針をさしてそこに電流を流し、毛の製造工場と言われている毛根の部分を破壊するというものですが、確かにこの方法ですと「痛い」、「痛そう」というのが伝わってきます。

このような事実から、「脱毛」=「痛い」と思われる方が多いのかどうかはわかりませんが、脱毛は痛いとものだ、そしてこのことが気になって脱毛を敬遠される方も多いのではないでしょうか?

でも最近では、光脱毛が主流となってきており、上記のニードル脱毛を採用している脱毛サロンは、今では殆どないのではないでしょうか。

今では、多くの脱毛サロンでは、光脱毛、特にフラッシュ脱毛という痛みの少ない脱毛方法が取り入れられています。
フラッシュ脱毛とは、インパルスライトと呼ばれる光のエネルギーを利用します。そしてこの光の波長は、他の光の波長と異なる特異な波長を持っており、ムダ毛にポインポイントで届くようになります。カメラ撮影時のフラッシュのように一瞬の照射による脱毛法ですので、痛みは少ないと言えるでしょう。

ただ気になるのが、部位の違いによる痛みの感じ方。ワキ、腕、脚の脱毛と、お肌が薄くよりデリケートな顔の部分の脱毛では、当然光の照射量も変わってきますし、場合によっては痛みの感じ方も違ってくるかもしれません。

しかし、上述のように、最近の脱毛サロンの多くはフラッシュ脱毛や痛みの少ない他の脱毛方法を取り入れているところが殆どですので、それ程過敏になる必要はないのではないでしょうか。
実際、脱毛サロン等で施術を受けたことのある人の体験を見てみても、痛くてたまらなかったという書き込みが殆どないと思われます。

よく脱毛の痛みで例えられるのが、輪ゴムで「パチンッ」と弾いた感覚と言われていますが、どうでしょう?多くの方にとっては、それくらいの痛みなら耐えられると思われるのではないでしょうか?



Comments are Closed